カードローンのよいところというのは自由なところ

カードローンのよいところというのは自由なところ

カードローンはカードを発行してもらって、それに限度額を決めてもらい、その範囲内であれば何度でも借り入れることができる、ということになります。たとえば40万円が設定されたとして、その後、10万円を借り入れたとします。そうすると残りは当然、30万円になります。その後、5万円を返すことができますと35万円が残りになるわけです。このように範囲内であれば何度でも借り入れ、返済ができる、というのがカードローンの特徴であり、また返済も基本的には分割になります。但し、別に一括で返済をすることが禁止されているわけではありませんから、金利を少しでも抑えたいと考えるのであればそうしたほうがよいでしょう。要するに分割払いにしていますと借りている期間が長くなります。ですから、利息を抑える方法として一括、或いは随時返済という形でやる、ということがあるわけです。カードローンはほぼフリーローンになります。事業性資金のカードローンもあるのですが多くの場合、普通はフリーローンで借りることができます。つまりは、自由な使い道が許されているというわけであり、これがカードローンの何より有難い部分であるといえるわけですから覚えておきましょう。