カードローンとはどんなサービスなのかということ

カードローンとはどんなサービスなのかということ

カードローンというのは、要するに個人に対する少額の無担保貸し付けサービスになります。金融サービスであり、保証人も不要であることが非常に使いやすいことになります。その人の金融信用情報から、いくらまで貸すことができるのか、ということを業者が決めるわけですが、ここで注意点があります。それは業者が設定した金額が自分の限界、分限、というわけではない、ということです。これを勘違いしますと後々、非常に大変なことになりますから、これは本当に注意しておきましょう。カードローンとは、個人向けの無担保融資ですから、個人の信用のみで貸すことになります。そうなりますとやはり貸す側としてはリスキーな部分が強くなりますから、どうしても金利は高めになります。金融サービスとしてももっとも高い金利になることが多くあるのがカードローンであるといえるでしょう。年収制限としてあるのが20歳以上であること、というこです。法律的に決まっていることではないのですが、契約をする関係上、そうしたことが多いです。後は定職についている、或いはとにかく収入があることなどが求められます。年金を安定した収入として認めているところもありますし、年金だけでは駄目、としているところもあります。このあたりは業者によって違います。