カードローンの審査をしてもらうときには書類として

カードローンの審査をしてもらうときには書類として

カードローンのカードを発行してもらうときには、当たり前ですが審査をしてもらうことになります。この人にはいくら貸せるのか、貸しても大丈夫であるのか、というのが判断されるわけです。もちろん、断られてしまうこともあります。カードローンには大別するとふたつの種類があります。それが銀行系であるのか、或いは消費者金融系であるのか、ということです。これによってそもそも貸すことができる制限をつけられるのかどうか、というのが変ってくることになります。それが総量規制であり、その人の年収の三分の一までしか貸すことができない、という法律です。これは消費者金融、つまりは貸金業法として規定されているのです。つまりは銀行法が適用されることになる銀行系カードローンでは実は法律的な貸付制限はない、ということになります。ですが、だからといって無条件で、無制限に貸してくれるわけではありませんから、それは注意しておきましょう。書類として出すのは身分証、そして収入が証明できるものになります。後は当然ですが電話などの確認もされることになります。簡単に可能性があるローンではありますが審査などはしっかりとされるようになっていますから覚悟しておくことです。